お久しぶりです。営業の長谷川です。

先日、農業をしている地元の友人に誘われてタケノコ掘りを体験しました。

 

私が住んでいる長岡京市はタケノコの栽培が盛んな地域です。

元々タケノコは竹やぶに勝手に生えてくるイメージがあるかもしれませんが

栽培していると書いた理由は農家の皆さんがタケノコを育てるのにかなりの労力を使われてるからです。

収穫が終わってからも藪の草刈り、わらを敷いて赤土を盛ったり、親竹を刈ったりと仕事はたくさんあります。

 

そして今回は出荷用のタケノコ掘りの手伝いです。自分たちが食べる分ではなくてお客さん用です。

やった事がないのでかなり不安でした。

 

IMG_4906

こんな所です。山裾なので傾斜がきついです。

 

 

IMG_4907

こんな道具を使います。

京都西山エリア独特のタケノコ掘り用のくわ?です。

 

 

コツを初めに教えてもらいました。

まずは根っこを見つけることです。タケノコは根から生えてるのでその場所さえ分かれば

簡単にキレイに取れます。

 

 

IMG_4913

地面から少ししか出てないのでまわりを少し掘ってから

 

 

IMG_4915

根っこを探してタケノコとつながっている所へくわを充てて、ぐりぐり起こすと

 

IMG_4916

こんな感じでぽろっと取れます。

 

と、簡単に書きましたが慣れるまで5,6個は商品にならない取り方をしてしまいました。

 

 

今回は地元の特産品の収穫という貴重な体験をさせて貰いました。

一応戦力になると言ってくれたので来週も手伝うことになりました。

報酬はタケノコ5キロ。ありがとうございます。

 

お問い合わせ お問い合わせ